「除雪一巡した」と言うけど本当? 秋田市に苦情2903件

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 秋田市は15日、一斉除雪を始めた9日からの1週間で、除雪を巡る苦情や相談が2903件(15日午後1時時点)寄せられたことを明らかにした。既に昨冬を通しての1644件の2倍近くに上る。市は対象路線2173キロで除雪が一巡したとするが、「まだ雪が残っていて路面状況が悪い」と苦情を訴える声もある。

 市によると、市内全域を対象に行った一斉除雪は、14日までにほぼ全ての作業を終えた。ただ、市が開設したコールセンターには、15日も「早く除雪車をよこして」「わだちを何とかしてほしい」などの苦情が寄せられた。

 同市広面の市道では15日午後、わだちでハンドルを取られた車が、車体を振りながらゆっくりと進んでいた。10日に一度除雪車が入ったが、住民の70代男性は「町内会長が早く除雪するよう市に問い合わせているが、その後の除雪はまだ。1回で雪を除いてほしかった」と話した。

 市道路維持課の菅生琢・ゆき対策担当課長は「わだちなどの路面の悪化について情報把握を進め、その都度対応しているのでご理解いただきたい」としている。

 市内を走る路線バスは15日現在、一部迂回(うかい)を含めて44路線が運行。運休は3路線となった。

 除雪に関する問い合わせは道路除排雪コールセンターTEL018・888・9400(午前8時~午後8時)

秋田の最新ニュース