「じっくり熟成できた」新酒完成告げる杉玉登場、鹿角の酒蔵

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
杉玉を交換する児玉さん
杉玉を交換する児玉さん

 秋田県鹿角市花輪の千歳盛酒造(村上雅彦社長)は15日、新酒の完成を知らせる「杉玉」を玄関につるした。

 蔵人の児玉和幸さん(44)らが脚立を使って高さ約4メートルの軒先で作業。1年間つるして赤茶けた杉玉を直径約40センチの青々とした新品に交換した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 322 文字 / 残り 198 文字)

同じジャンルのニュース