コロナ下で漂う緊張感 初の「大学入学共通テスト」始まる

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
問題が配付される中、静かに試験開始を待つ受験生=16日午前9時10分ごろ、秋田市の秋田大手形キャンパス
問題が配付される中、静かに試験開始を待つ受験生=16日午前9時10分ごろ、秋田市の秋田大手形キャンパス

 大学入試センター試験の後継として初めて実施される大学入学共通テストが16日、全国の会場で始まった。新型コロナウイルスの流行で11都府県に緊急事態宣言が出される中、本格的な入試シーズンが幕開け。秋田県内では秋田、大館、横手の3市5会場で試験を実施し、受験生がマスクを着用して試験に臨んだ。17日までの第1日程に加え、一斉休校による学習遅れがある現役生対象の第2日程を30、31日に行う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1006 文字 / 残り 813 文字)

問題と解答はこちらから!

秋田の最新ニュース