時代を語る・進藤義声(8)バイクで衣料品販売

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
衣料品や雑貨の販売のためバイクで家々を回った
衣料品や雑貨の販売のためバイクで家々を回った

 昭和30(1955)年に秋田高の定時制を卒業してから数年は、新聞配達の他に、今の秋田市民市場(秋田市中通)の近くにあった呉服店に勤めて生計を立てた。

 ただ、民謡関係の人脈が徐々に広がっていた中で、催し物や祭りで民謡を唄(うた)ってほしいという依頼もちょくちょく入るようになっていた。「その日は仕事があるから無理です」と断るのがだんだんつらくなってきてね。呉服店を辞めて独立することにした。25歳の時だったかな。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 750 文字 / 残り 544 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース