県がリフォーム補助要件緩和、暴風雪被害復旧は30万円以上

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 秋田県は15日、大雪と暴風雪による住宅被害が相次いでいるとして、住宅リフォーム推進事業の要件を緩和すると発表した。大雪と暴風雪を受けた復旧工事に限り、補助対象を50万円以上の工事から30万円以上の工事に引き下げた。

 県建築住宅課によると、県内業者が施工する30万円以上の工事を対象に、工事費の10%を補助する。上限は8万円。補助を受けるには、工事を終えたことを証明する書類を提出することが必要。

 問い合わせは同課TEL018・860・2561

秋田の最新ニュース