市立秋田総合病院でクラスター 医療技師や患者感染【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します

 秋田市は16日、市立秋田総合病院(同市川元松丘町)の40代女性医療技師ら計7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。病院スタッフと入院患者計5人が含まれており、市は院内でクラスター(感染者集団)が発生したとした。当面、一般外来や救急外来などの受け入れを停止する。県内医療機関でのクラスター発生は初めて。県内の感染者は196人となった。

 受け入れを停止するのは一般外来と救急外来、小児救急外来、新規の入院、健診・人間ドック。手術は原則中止または延期する。再診で薬が必要な患者には電話で処方対応する。予約患者には個別に連絡するほか、17日から問い合わせに対応する専用電話を二つ設ける。

 同病院の外来患者数は1日約800~1200人。担当者は受け入れ停止の期間について「おおむね2週間程度とみている」とした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1204 文字 / 残り 850 文字)

同じジャンルのニュース