一足早く「子どもぼんでん」奉納 秋田市三吉神社

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ぼんでんを持って神社に向かう子どもたち
ぼんでんを持って神社に向かう子どもたち

 秋田市広面の太平山三吉神社(田村泰教宮司)で16日、「子どもぼんでん」の奉納が行われた。17日のぼんでん祭り本番を前に、地元の子供会など9団体が参加。「ジョヤサージョヤサ」という子どもたちの元気な掛け声が境内に響いた。

 子どもたちは新型コロナウイルス感染予防のためマスクを着け、雪や氷で転ばないように一歩ずつ慎重に参道を進んだ。例年、神社の拝殿に参加者全員が入って神職からおはらいを受けていたが、今年は3密を避けるため、団体ごとに本殿前でおはらいを受けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 404 文字 / 残り 175 文字)

秋田の最新ニュース