複合・木村、距離女子・畔上が2連覇 全県高校スキー

会員向け記事
お気に入りに登録

 第66回秋田県高校総合体育大会(全県高校総体)スキー競技会第2日は17日、鹿角市の花輪スキー場で男女計6種目を行った。複合は木村航大(花輪3年)、距離女子5キロクラシカルは畔上凜花(秋田北鷹2年)がともに2連覇を達成した。純飛躍は成田健太(花輪2年)が初制覇、距離男子10キロクラシカルは畠山侑也(花輪3年)が10キロフリーと合わせて2年連続2冠を果たした。回転は男子が大津歩夢(角館3年)が2年ぶりに優勝し、女子は髙橋凜湖(角館3年)が制し大回転との2冠を飾った。

 18日は競技がなく、最終日の19日に距離の男女リレーを行う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 791 文字 / 残り 526 文字)

同じジャンルのニュース