協力隊員や中学生もマイクに、「FMラジオおおだて」が開局

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大館市をエリアとするコミュニティーFM「FMラジオおおだて」(周波数81・4メガヘルツ)が17日に開局し、特別番組が放送された。通常番組は18日から開始。市内で活躍する人をパーソナリティーに迎え、地域に密着した情報を発信する。

 FMラジオおおだては同市釈迦内の大館放送(小山明子代表)が開局した。月―金曜日の午前と午後にそれぞれ生放送があり、市内の会社経営者や地域おこし協力隊員、中学生ら市民がパーソナリティーを務める。市が番組枠を有料で借り、イベントや講座について告知するコーナーもある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 515 文字 / 残り 266 文字)

秋田の最新ニュース