時代を語る・進藤義声(10)テレビで太鼓を担当

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鎌田筧水さん(右)とは、よく酒を酌み交わした=昭和38年
鎌田筧水さん(右)とは、よく酒を酌み交わした=昭和38年

 20代の頃からお世話になった人として、尺八奏者の鎌田筧水(けんすい)さんも忘れられない存在だ。俺にテレビ出演の道を開いてくれた人だから。筧水さんがいなかったら、その後の俺はなかったかもしれない。

 筧水さんは俺と同い年なんだけども芸歴は向こうがずっと上でね。俺の師匠の進藤勝太郎さんと同じく、永沢定治さんの弟子だ。永沢さんは前回触れた鳥井森鈴さんと同様、NHK秋田放送局のラジオ番組で民謡教室の講師を務めた人で、指導者として名高い。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 746 文字 / 残り 530 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース