全国中学校スキー大会中止 新型コロナ感染防止

お気に入りに登録

 日本中学校体育連盟(中体連)は18日、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、今月末から2月にかけて行う予定だったスキー、スケート、アイスホッケーの冬季の全国中学校体育大会を中止すると発表した。中体連によると、冬季大会の中止は史上初めてという。

 スキーは長野県野沢温泉村(2月3~5日)、スケートは長野市(1月30日~2月2日)、アイスホッケーは青森県八戸市(2月5~7日)で行われる予定だった。秋田県からはスキーに41人、スケートに7人が出場を決めていた。

 11都府県で緊急事態宣言が発令される中、中体連は臨時理事会で中止を決定。理由として(1)全国で感染者が過去最大となっている地域が多数出ている(2)大会中や大会後のクラスターを懸念(3)受験期と重なることで感染防止の徹底が重要―などを挙げた。「全ての皆さまの命と安全を守るため苦渋の決断をすることとなった」としている。

 県中体連の駒木利浩スキー専門部会長(尾去沢中校長)は「最大の目標に据えていた選手、競技生活の節目と考えていた選手のことを思うと非常に残念だ。今までの努力が無駄になるわけではないので、また前を向いて頑張ってほしい」と述べた。

 昨年は夏に東海地方で予定された全国中学校体育大会、12月の全国中学校駅伝(滋賀県)が新型コロナ感染拡大の影響で中止となった。

同じジャンルのニュース