スカイドームの屋根破れる 雪原因か、秋田市雄和

お気に入りに登録

 秋田市雄和の県立中央公園内にある「あきたスカイドーム」の膜屋根が一部破損し、管理する県総合公社中央公園事務所が18日に内側からシートで覆う処置を取った。降り積もった雪の重みが原因とみている。

膜屋根が破れたあきたスカイドーム=13日正午ごろ(中央公園事務所提供)


 事務所によると13日午前、膜が垂れ下がって雪がドーム内に落下したのを中にいた利用者が目撃。ドーム南東部の地上約10メートルにある屋根が幅約6~7メートル、長さ約5メートルにわたって破れていた。中にいた利用者約30人にけがはなかった。

 スカイドームは1990年に完成。膜屋根は今年4月から全面張り替えする予定。

秋田の最新ニュース