野生の白色パンダを撮影 中国四川省

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中国四川省臥竜の自然保護区で撮影された白いジャイアントパンダ=2020年2月(新華社=共同)
中国四川省臥竜の自然保護区で撮影された白いジャイアントパンダ=2020年2月(新華社=共同)

 【北京共同】中国四川省にあるジャイアントパンダ国家公園管理局は18日までに、同省臥竜の自然保護区で撮影された白いジャイアントパンダの映像を公開した。野生の白いパンダを捉えた映像は珍しい。新華社が報じた。

 2020年2月、保護区内に設置されていたカメラに2回写っていた。専門家によると、年齢は推定3歳で、19年4月に初めて撮影されたパンダと同一の個体。単独で行動しており、「既に親から離れ独立して生活している」という。

 白いパンダは遺伝子の突然変異で色素が欠乏して白化する「アルビノ」とみられる。