コロナワクチン担当に河野行革相 菅首相「感染対策の決め手」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
河野太郎行政改革担当相
河野太郎行政改革担当相

 菅義偉首相は18日、新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、政府全体の調整を河野太郎行政改革担当相に指示した。官邸で記者団に明らかにした。「ワクチンは感染対策の決め手だ。できる限り2月下旬までに開始する」と強調。安全で有効なワクチンを届け、接種を円滑に実施するのが狙い。

 政府のコロナ対応を巡る一連の後手批判を踏まえ、首相が指導力を発揮して感染抑制に取り組む姿勢をアピールする思惑がありそうだ。首相は河野氏に指示した理由について、行革担当相として複数の省庁にまたがる問題を解決する手腕を挙げた。

 河野氏は「各省からヒアリングするところから始めたい」と述べた。