自賠責保険、6・7%下げ 4月から、コロナで事故減

お気に入りに登録

 金融庁の審議会は18日、自動車やバイクの所有者に加入義務がある自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料を全車種平均6・7%値下げすると決めた。値下げは昨年に続き2年連続で、4月の契約分から適用する。新型コロナウイルス流行後の交通量減少や安全装置の普及などで、事故が減っていることを踏まえた。

 損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構が収支データから導いた基準料率を審議会に示し、了承された。自賠責保険は被害者救済が目的で利益や損失を出さないよう運営されているため、各社とも基準料率に従い同一料金となる。