比内とりの市が中止、開催以降初めて 感染拡大影響

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
比内地鶏の千羽焼きが名物となっている比内とりの市=2019年
比内地鶏の千羽焼きが名物となっている比内とりの市=2019年

 秋田県大館市比内町扇田で23、24日に開催予定だった「第37回比内とりの市」は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止する。中止は1985年の開催以降、初めて。

 比内とりの市は、特産の比内地鶏を堪能できるイベント。寒い冬に人々を活気づけようと「見る 遊ぶ 買う 食べる」のキャッチフレーズで毎年実施している。会場では比内地鶏の丸焼き「千羽焼き」や、かやき鍋、焼き鳥などを販売。「コケコッコー」と叫ぶ長さを競う「人間比内鶏永唱大会」といったイベントも行われている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 537 文字 / 残り 304 文字)

秋田の最新ニュース