大阪でバレンタイン商戦が幕開け 近鉄百貨店本店、コロナ対策課題

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
近鉄百貨店本店で販売されているグランドピアノ形のチョコレート=19日午前、大阪市
近鉄百貨店本店で販売されているグランドピアノ形のチョコレート=19日午前、大阪市

 「あべのハルカス」に入る近鉄百貨店本店(大阪市阿倍野区)で19日、バレンタインの催事が始まった。新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が再発令された中、大阪市内の主要百貨店による商戦の幕開けで、対策徹底が課題となる。

 この日の催事では会場の通路の幅を広げ、客同士の距離を確保。目玉商品はグランドピアノ形のチョコ(3万2400円)などで、会員制交流サイト(SNS)に写真を投稿して楽しむことを意識した。

 阪急百貨店梅田本店(北区)は催事を20日に本格開始する予定。高島屋大阪店(中央区)、大丸梅田店(北区)も20日に催しを始める。