営業エリアまたぐIC定期発売 JR3社、3月のダイヤ改正から

お気に入りに登録

 JR東日本、東海、西日本の3社は19日、3月13日のダイヤ改正から、それぞれの営業エリアにまたがる在来線の駅間の定期券を、Suica(スイカ)などのICカードで発売すると発表した。エリアをまたぐIC定期券は、これまで購入できなかった。

 3社によると、例えばJR東管内の小田原駅(神奈川)から、東海管内の沼津駅(静岡)を区間とする定期券が、スイカかTOICA(トイカ)で購入できる。同様に東海管内の大垣駅(岐阜)から西管内の彦根駅(滋賀)までの定期券も、トイカかICOCA(イコカ)で発券可能となる。