海岸の滝が凍結、波の花浮かぶ 秋田県沿岸部、冬の風物詩

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
にかほ市象潟町川袋の海岸に浮かぶ波の花
にかほ市象潟町川袋の海岸に浮かぶ波の花

 雪交じりの強い風が吹いた19日、本県沿岸部では一部が凍結した滝や波の花など、冬ならではの光景が見られた。

にかほ市象潟町川袋の海岸に浮かぶ波の花

 にかほ市の海岸では、海水が波にもまれて泡立つ「波の花」が見られ、もこもことした泡が風にあおられて宙を舞った。

 一方、男鹿半島の西海岸に位置する門前大滝は、一部が凍結した。海の間近の切り立った崖を約60メートル流れ落ちるが、水しぶきが付着する周辺の岩や草木も凍り、岩肌は雪や氷をまとっていた。

一部が凍結した男鹿市の門前大滝

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 441 文字 / 残り 242 文字)

同じジャンルのニュース