能代に暮らし、アマゾンで仕事する女性 リモートの働き方紹介

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 地方で暮らしながらインターネットを活用して働くライフスタイルを紹介する講演会が16日、能代市勤労青少年ホームで開かれた。市内に住み、ネット通販大手のアマゾンジャパンで仕事をしている男鹿谷素子さん(51)らが自身の働き方を語った。市市民活動支援センターの主催。

 市出身の男鹿谷さんは2017年からアマゾンで働き、オンラインで法人顧客向けの対応や新人への指導を担当している。講演では「能代で暮らしながら有名なアマゾンの一員として働くことができ、仕事を通じて多くの人とつながれた」と語った。

 在宅勤務について、人と会う機会が減った一方、全国各地の同僚とはネットを介して仕事の相談などができるとした。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 617 文字 / 残り 320 文字)

秋田の最新ニュース