県内で新たに8人新型コロナ 市立病院関連3人、計29人に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市と県は20日、新たに同市と大仙・湯沢保健所管内の計8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち秋田市の市立秋田総合病院内で発生したクラスター(感染者集団)関連は3人で、計29人となった。県内の感染者は累計227人。

 市によると、市立病院のクラスター関連は入院患者の70代女性と、15日まで入院していた70代男性とその同居家族の70代女性。いずれも重篤ではない。

 16日時点で入院していた全ての患者とスタッフ計約1100人を対象に実施したPCR検査は、20日までにほぼ全ての結果が判明した。県外にいるなどすぐに検体採取ができないスタッフ約10人は21日以降に検査を実施する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 644 文字 / 残り 349 文字)

秋田の最新ニュース