「自分の罪を考えさせて」 少年逆送で被害女性の母が会見

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見で涙を拭う、殺害された女性の母親(手前)=20日午前、福岡市
記者会見で涙を拭う、殺害された女性の母親(手前)=20日午前、福岡市

 福岡市中央区の商業施設で昨年8月、女性客=当時(21)=が殺害された事件で、殺人などの疑いで送致された少年(15)を鹿児島家裁が検察官送致(逆送)し、起訴される見通しになったことを受け、女性の母親が20日、福岡市内で記者会見し「15歳ならやっていいことと悪いことは判断がつく。刑事処分を受け、自分の罪を考えさせるべきだ」と述べた。

 母親は逆送決定について「当然だと思う。とにかく一生刑務所に入っていてほしい」と吐露。19日の少年審判では意見陳述したとし「真実を知りたいからだ」と明かした。「明るく素直で優しい娘だった」と振り返り、会見中には何度も涙を拭った。