カダーレ内ゆりぷらざ今月閉店 コロナ影響、新規出店者募集

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今月いっぱいで閉店する由利本荘市文化交流館カダーレ内の物産館「ゆりぷらざ」
今月いっぱいで閉店する由利本荘市文化交流館カダーレ内の物産館「ゆりぷらざ」

 由利本荘市文化交流館カダーレの1階にある物産館「ゆりぷらざ」が、経営元の撤退により今月いっぱいで閉店する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で赤字が続いていた。指定管理者のカダーレ文化芸術振興会は、新たな出店者の募集を検討する。

 ゆりぷらざは、秋田県由利本荘市で特産品の注文販売などを手掛ける大友商店(大友孝徳代表)が2018年8月から経営。そばをはじめとした自社商品のほか、市内外の特産品を仕入れて販売している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 721 文字 / 残り 514 文字)

同じジャンルのニュース