八峰町、町出身大学生に5万円追加支給 コロナ感染拡大

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県八峰町は20日、臨時議会を開会。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策として、町出身の大学生らに1人当たり5万円を追加支給する給付金370万円を盛り込んだ20年度一般会計補正予算案を可決し、閉会した。

 給付金は137人に計685万円を支給した昨夏と同様、町内に保護者がいる大学生、大学院生、専修学校生などが対象。昨年6月の補正予算で計上した給付金の残額と、八森、峰浜両小学校の教室に設置するエアコンの工事請負費の残額を振り替える。補正予算の累計は75億1852万円で増減なし。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 591 文字 / 残り 347 文字)

同じジャンルのニュース