酒気帯びで30代県職員を停職1年 昨年9月に県警が摘発

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は21日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで県警に摘発された健康福祉部の男性職員(33)を同日付で停職1年の懲戒処分にしたと発表した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 403 文字 / 残り 332 文字)

同じジャンルのニュース