女性管理職、25年度21・5%に引き上げ 県が目標値設定

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は21日、県内民間企業の管理職に占める女性の割合の目標値を新たに盛り込んだ第5次県男女共同参画推進計画案を示した。2019年度に18・6%だった割合を25年度に21・5%に引き上げるとの目標を掲げた。

 男女共同参画推進計画は法律に基づき策定しており、5年ごとに見直している。計画案は、県庁で開いた県男女共同参画審議会で提示した。審議会や県議会の意見を踏まえ、3月末までに計画をまとめる。計画期間は21~25年度。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 567 文字 / 残り 357 文字)

同じジャンルのニュース