時代を語る・進藤義声(14)国立劇場で「荷方節」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「日本民謡の祭典」が開かれた国立劇場を背に、初代浅野梅若先生(左)、和子さん(中央)と=昭和43年
「日本民謡の祭典」が開かれた国立劇場を背に、初代浅野梅若先生(左)、和子さん(中央)と=昭和43年

 昭和43(1968)年、東京の国立劇場で開かれた「日本民謡の祭典」に出場した。34歳の時だ。各都道府県の代表が自慢の民謡を披露する催しで、確か4日間ぐらいにわたって開かれたと記憶している。

 俺は初代浅野梅若先生に推薦してもらってね。浅野先生、内弟子の和子さん(2代目浅野梅若)と一緒に出演した。こんな大きなイベントに出させてもらい、本当に名誉に感じたよ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 753 文字 / 残り 575 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース