生育順調、甘み豊か! 寒締め小松菜収穫始まる、大仙市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
寒締め小松菜を収穫する清水川さん夫婦
寒締め小松菜を収穫する清水川さん夫婦

 秋田県大仙市太田町の農家清水川輝雄さん(77)のハウスで寒締め小松菜の収穫が始まった。通常の2倍超の栽培期間をかけて大きく育成。厳しい寒さにさらして甘みをのせ、「蓊(おう)まつ菜」の商品名で出荷している。「今年は生育が順調で例年にも増しておいしい。ぜひ味わってほしい」と話している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 632 文字 / 残り 490 文字)

同じジャンルのニュース