将豊竜、大一番で「一歩及ばず」千秋楽の優勝決定戦へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
将豊竜(手前)が送り投げで錦富士に敗れる=両国国技館
将豊竜(手前)が送り投げで錦富士に敗れる=両国国技館

 大相撲初場所13日目は22日、東京・両国国技館で行われ、幕下西8枚目の将豊竜(24)=本名吉田将太、秋田県横手市出身、時津風部屋=は元十両の錦富士(幕下西5枚目、伊勢ケ濱部屋)に送り投げで敗れ、6勝1敗となった。全勝優勝と関取の座が懸かった一番だったが「あと一歩及ばず」と悔しがった。

 9人が1敗で並び、優勝決定戦が24日の千秋楽に行われる。幕下での9人による決定戦は1996年名古屋場所以来。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 622 文字 / 残り 424 文字)