審査合格取り消し求め提訴、青森 核燃サイクル阻止原告団

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
青森地裁に向かう原告団=22日午後、青森市
青森地裁に向かう原告団=22日午後、青森市

 日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)が本格稼働の前提となる原子力規制委員会の審査に合格したことを受け、核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団(同県八戸市)は22日、合格取り消しを求めて青森地裁に提訴した。

 規制委は昨年7月、再処理工場の安全対策が新規制基準に適合しているとして合格証に当たる審査書を決定。原告団は訴状で「工場は断層や耐震設計の評価などで誤りを重ねており、最大規模の地震で事故が起きる可能性が高い。審査合格は違法で取り消されるべきだ」と主張している。