石川県議ら社民残留 立民合流に反発、存続させる会設立

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する石川県議
記者会見する石川県議

 社民党の石川ひとみ県議は22日、立憲民主党への合流を目指す社民党県連(石田寛代表)執行部の動きに反発し、「秋田県 社民党を存続させる会」を設立したことを明らかにした。県庁で記者会見し「立民とは考え方に違いがある。このまま活動したい」と述べ、合流しない考えを表明した。石川氏に同調する議員や党員もおり、県連の分裂が確定的になった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 585 文字 / 残り 420 文字)

秋田の最新ニュース