遠い風近い風[畑澤聖悟]カズヒトさんのこと

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 劇団「渡辺源四郎商店」の1月公演(東京、三重、青森)が中止と決まった。またか。さすがに心が折れた。そんな矢先、思いがけずお手紙を頂いた。父と縁のある人物からである。

 父は中学教師で男子バスケットボール部の顧問を長く務めた。地区では負け知らずで全国大会にも何度か進んだ。小学生の頃、父のチームの試合を観戦したことがある。ルールも知らない私だったが、背番号4番が怒濤(どとう)のようにゴールを決める姿だけは強く印象に残った。帰宅後、父にそのことを話したら、「カズヒトだべ?」と、4番の自慢を延々と語ってくれた。以後、「カズヒトさん」は「バスケのすごい人」の代名詞として、私に刻まれたのである。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1323 文字 / 残り 1028 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース