香港政府、初の一部地域封鎖 新型コロナ拡大で強制検査

お気に入りに登録

 【香港共同】香港政府は23日早朝、新型コロナウイルス感染拡大が続いている一部地域を初めて封鎖した。対象地域の住民は全員が強制的なPCR検査を受け、結果が判明するまで封鎖地域から出ることを禁じられる。

 対象地域は、九竜地区のジョーダン(佐敦)の一部。香港メディアによると、約1万人が居住している。香港では連日、数十人の新規感染者が出ているが、約4割はこの地域一帯で確認されているという。

 香港政府は、住民へのPCR検査を23日に完了し、48時間以内に封鎖を終えて、週明けの25日午前6時以降は通常の態勢に戻すことを目標にしている。