焼き菓子と川連漆器がコラボ 湯沢の親子、セット販売へ

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県湯沢市川連町で仏壇や川連漆器を製造する「新平堂」の高橋恒仁社長(61)と、高橋社長の長女でパティシエの美月さん(25)親子が、川連漆器の皿とフランス焼き菓子のセット販売を始める。客層が異なる商品を組み合わせることで、互いに新たな顧客の獲得につなげたい考えだ。予約を受け付けており、販売は来月から。

 高橋社長は「仏壇や漆器業界はイメージに硬さがあるが、フランス菓子とのコラボで若い人にも興味を持ってもらえるのではないか。会社のイメージアップにも期待したい」と話す。美月さんは「コラボすることでいい刺激を与え合いたい。父の業界のアシストにもなればいい」と語った。

 問い合わせはフランス焼き菓子工房エムラボTEL070・1140・7095(午前10時~午後5時、月、火曜休み)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 752 文字 / 残り 413 文字)

秋田の最新ニュース