菅政権を語る:女性の雇用、安定させて エッセイスト・小島慶子氏

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 新型コロナウイルスの感染拡大で雇用環境が厳しさを増している。女性は非正規の割合が男性より高く、仕事を失った人も少なくない。「女性活躍」を掲げた安倍晋三前首相の路線を継承する菅義偉政権には、どのような対応が求められるのか。エッセイストの小島慶子氏は「女性が安定して働き続けられる環境を整えることが必要だ」と語る。

小島慶子氏(写真は所属会社提供)


 ―安倍前政権は「女性活躍」を看板政策に掲げていました。

 「前政権では女性の労働者が増えたが、パートや派遣といった不安定な非正規雇用が多かった。便利に使われ、今回の新型コロナ禍では最初に切り捨てられてしまった。女性活躍というきらきらしたネーミングだったが、都合よく使える手軽で低コストな労働力として増えた面は否めない」

ジェンダーギャップ、どう解消


 ―正規雇用が進まない要因をどう考えますか。

 「日本では『女性は父親や配偶者に養ってもらえるから収入は補助的でいい』という考えが根本にあり、長年改善されていない。生涯単身の場合でも、子どもを持った後に離婚して一人で子育てする場合でも、女性が境遇にかかわらず自立して生きていける社会にしていかなければならない。そのためには、女性が安心して安定的に働き続けられるような環境や制度を整える必要がある」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1897 文字 / 残り 1371 文字)

秋田の最新ニュース