葉梨農水副大臣、横手市視察 大雪による農業被害を確認

会員向け記事
お気に入りに登録

 記録的な大雪で農林水産関係の被害が広がっていることを受け、葉梨康弘農林水産副大臣は24日、秋田県横手市を訪れ、パイプハウスや果樹園地の被害状況を確認した。葉梨氏は「大変な状況だと改めて実感した。具体的な支援策を早く生産者に示すため、検討作業を急ぐ」と述べた。

高橋横手市長(左)らとパイプハウスの被害状況を確認する葉梨農林水産副大臣(中央)=横手市十文字町


 現場視察には佐竹敬久知事や高橋大横手市長、御法川信英衆院議員らが同行。同市十文字町では、雪の重みで倒壊したパイプハウスを確認した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 475 文字 / 残り 279 文字)

秋田の最新ニュース