横手出身・将豊竜、決定戦で幕下優勝逃す

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
将豊竜
将豊竜

 大相撲初場所千秋楽の24日、幕下は6勝1敗で並んだ9人による優勝決定戦を元十両の魁(モンゴル出身、芝田山部屋)が制した。決定戦に臨んだ幕下西8枚目の将豊竜(横手市出身、時津風部屋)は、初戦で13日目に全勝に土をつけられた同5枚目の錦富士(青森県出身、伊勢ケ浜部屋)と当たり、押し出しで敗れた。幕下で9人の決定戦は1996年名古屋場所以来。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 388 文字 / 残り 218 文字)

秋田の最新ニュース