帰省自粛の中…大館のきりたんぽセット「かつてない売れ行き」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大館市内のきりたんぽ業者には、1月も注文が入っている=23日、同市常盤木町の十字屋きりたんぽ店
大館市内のきりたんぽ業者には、1月も注文が入っている=23日、同市常盤木町の十字屋きりたんぽ店

 きりたんぽの“本場”秋田県大館市で、飲食店や製造販売店による「きりたんぽセット」の販売が発送を中心に好調だ。新型コロナウイルスの感染拡大で移動の自粛が広がる中、帰省を取りやめた家族らに贈る動きが活発で、市による送料の助成も後押ししている。

 セットは自宅での調理用にきりたんぽと具材、スープを合わせて販売。製造販売店のベニヤマきりたんぽ工房(同市御成町)は、昨年12月の売り上げが前年の2倍を超えたという。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1150 文字 / 残り 947 文字)

同じジャンルのニュース