時代を語る・進藤義声(17)我々は「民謡奉仕団」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
慰問活動の際に持参した「秋田民謡奉仕団」の幕
慰問活動の際に持参した「秋田民謡奉仕団」の幕

 主宰グループ「義声会」がスタートして数年後だから昭和40年代半ばだな、会員たちで老人ホームの慰問活動を始めた。

 会の親睦旅行を兼ねた慰問でね、行き先は主に山形県内の老人ホームだった。近場の旅を楽しみながら、民謡の練習の成果を披露しようというわけだ。

 せっかくだから本格的にやろうと、慰問の時はグループ名を「秋田民謡奉仕団」という大層なものにした。俺の命名だ。奉仕団の幕も作ったよ。ステージには大きい横断幕を張って、会場の入り口には小さいのを張った。この前、家の中を片付けていたらこの幕が出てきて、ものすごく懐かしくなったなあ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 757 文字 / 残り 493 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース