国内の変死、197人コロナ感染 1月急増75人、自宅で急変

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
コロナ感染遺体数の推移
コロナ感染遺体数の推移

 全国の警察が昨年3月以降に変死などとして扱った遺体のうち、197人が新型コロナウイルスに感染していたことが25日、警察庁への取材で分かった。今月は20日までの集計で75人に急増している。自宅や施設で体調が急変するケースが目立つという。

 感染が拡大する中、軽症者へのケアなど、行政による経過観察の在り方が大きな課題となっている。厚生労働省によると、自宅療養は20日時点で3万5394人に上る。

 197人のうち、175人が自宅や高齢者施設などで容体が悪化し死亡、22人は外出先で発見された。生前に感染が確認されていたのは59人で、死後に判明したのは138人だった。