コロナ対策に反発、衝突や暴動に オランダ、240人超を拘束

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
24日、オランダ・アムステルダムで、高圧放水銃を用いる警察(ロイター=共同)
24日、オランダ・アムステルダムで、高圧放水銃を用いる警察(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】オランダからの報道によると、首都アムステルダムと南部アイントホーフェンで24日、新型コロナウイルス感染対策の夜間外出禁止などに反発する無許可デモが行われ、警官隊と衝突した。国内の約10カ所では暴動が発生、計240人超が拘束された。ルッテ首相は25日、暴力は抗議ではなく「犯罪」と述べ、厳しく対処する考えを示した。

 首都では約1500人、アイントホーフェンでは数百人がデモに参加した。デモ隊が石や爆竹を投げたのに対し、警察は高圧放水銃や催涙ガスで鎮圧を図った。アイントホーフェンや南西部ハーグなどでは車への放火や商店の略奪なども起きた。