ワクチン業務に専従職員配置、仙北市 来月から推進室開設

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県仙北市は25日、新型コロナウイルスワクチンの接種に関する業務を迅速に行うため、2月1日付でワクチン接種推進室を設置すると発表した。同日付の人事異動で、室長ら専従職員3人を配置する。市民からの相談を受け付けるコールセンターの開設も検討している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 530 文字 / 残り 405 文字)

秋田の最新ニュース