NY株、一時220ドル超安 ワクチン普及の遅れ懸念

お気に入りに登録

 【ニューヨーク共同】週明け25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末からの下げ幅は一時220ドルを超えた。新型コロナウイルスのワクチン普及の遅れに対する懸念が相場の重しとなった。一方で、好業績への期待感からアップルなどIT大手は上昇した。

 午前10時現在は前週末比188・00ドル安の3万0808・98ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は184・33ポイント高の1万3727・39。