対中貿易「不公正と戦う」 米次期商務長官、強硬維持

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
米上院の指名承認公聴会で発言する商務長官候補のレモンド・ロードアイランド州知事=26日、ワシントン(ロイター=共同)
米上院の指名承認公聴会で発言する商務長官候補のレモンド・ロードアイランド州知事=26日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領が商務長官に指名した東部ロードアイランド州のレモンド知事は26日、中国の不公正な貿易慣行に関し「積極的に対策を講じて戦う」と表明した。トランプ前政権が導入した中国IT企業への輸出禁止措置など強硬策を維持する考えを示した。ハイテク分野を中心とした米中対立は今後も続く見通しだ。

 レモンド氏は上院商業科学運輸委員会の指名承認公聴会に出席。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)を挙げて、製品利用を通じた情報流出に懸念を示し「米国民と通信網を守るためにあらゆる手段を使う」と強調した。