北朝鮮核問題は緊急の課題 米韓外相が電話会談

お気に入りに登録

 【ソウル共同】韓国の康京和外相は27日、ブリンケン米国務長官と電話会談し、北朝鮮の核問題がバイデン政権でも早急に取り組むべき緊急の課題だとの認識を共有し、米韓両国が緊密に協議していくことで一致した。韓国外務省が明らかにした。

 約30分の電話会談では、気候変動や新型コロナウイルスの対応でも協力強化を確認した。

 これに先立ち、韓国の文在寅大統領は26日に中国の習近平国家主席と電話会談した。韓国大統領府関係者は27日、習氏が電話会談で文氏の非核化に向けた努力を「積極的に支持する」と述べたと明らかにした。