30日にかけ再び大雪恐れ 交通障害への警戒を、気象庁

お気に入りに登録

 気象庁は27日、発達する低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、西日本から北日本は30日にかけて大荒れの天気となり、日本海側を中心に大雪になる恐れがあると発表した。暴風雪や暴風、吹きだまりなどによる交通障害に警戒を呼び掛けるとともに、雪崩などへの注意も必要としている。

 気象庁によると、29日にかけて低気圧が急速に発達しながら朝鮮半島から北日本に進む見込み。30日にかけては日本上空に強い寒気が流入し、冬型の気圧配置が強まる。

 29日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い地域で、東海60~80センチ、北陸50~70センチなど。