29日から県内大荒れか 警報級の大雪になる可能性も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田地方気象台(資料写真)
秋田地方気象台(資料写真)

 発達する低気圧と強い冬型の気圧配置の影響で、秋田県内は29日から30日にかけて大荒れとなり、大雪となる所もある見込み。秋田地方気象台は暴風雪による建物被害、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒するよう呼び掛けている。

 気象台によると、29日は低気圧が急速に発達しながら日本海を北東に進む。その後は30日にかけて東北地方の上空に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる。雪雲が予想以上に発達したり、同じ場所で降り続いたりした場合、警報級の大雪となる可能性がある。

 29日午後6時までの24時間降雪量は多い所で平野部40センチ、山沿い50センチ。予想される最大瞬間風速は沿岸35メートル、内陸25メートル。

 JR秋田支社は29、30の両日、風や降雪の状況により、列車の運休や遅れが発生する可能性があるとしている。

秋田の最新ニュース