時代を語る・進藤義声(20)緊張したリサイタル

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昭和53年4月2日に開いた初リサイタルのプログラム
昭和53年4月2日に開いた初リサイタルのプログラム

 昭和40年代、「民謡おさらい道場」「唄(うた)っこで勝ち抜きまショー」など秋田放送のテレビ番組に出演させていただいた。おかげでいくらか名前を覚えてもらえたのかな、民謡サークルから講師依頼が来るようになった。

 最初が45(1970)年に設立された秋田市の「民謡サークル中央公民館」だ。公民館の市民講座が前身で、受講者の有志がつくった。民謡研究家の大島清蔵さんと2人で講師を務めてね、大島さんが唄を解説し、俺が唄い方を教えたんだ。大島さんは亡くなったが、今も続いていて昨年50周年を迎えた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 782 文字 / 残り 538 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース