芸術文化の力で「皆さんに元気を」 7団体・個人が動画公開

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県内の芸術文化関連の7団体・個人が、それぞれの活動と魅力を紹介するPR動画を作成し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた芸術文化関係者を、県が支援する事業の一環。動画は県ホームページ(https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/51891)からも見ることができる。

梅若芸能企画が作成した動画「秋田民謡の至宝~夢の競演~」の一場面


 動画を通じて芸術文化の魅力を発信し事業継続の弾みにしてもらうのが狙い。県が国の地方創生臨時交付金を活用し、1事業者300万円を上限に支援先を募集していた。県によると、30団体・個人から応募があった。

 支給対象に選ばれた団体・個人のうち、梅若芸能企画(梅若梅貢代表)は「秋田民謡の至宝~夢の競演~」と題した動画を作成。県内外で活躍する民謡歌手の二代目浅野梅若さんや小野花子さん、進藤義声さんら10人に参加を呼び掛け、昨年8月、秋田市文化会館で無観客公演を行い、その様子を収録した。再生回数はすでに1万回を超えている。

 動画では、コロナ収束の願いを秋田音頭のリズムに乗せた替え歌「五六七(ころな)撃退音頭」も公開。「医療の現場で働く皆様に心の底から感謝の気持ちを申し上げねばねおん」などと、方言を交えながら朗々と歌い上げている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 746 文字 / 残り 202 文字)

秋田の最新ニュース