県内、高校前期選抜始まる 1350人が挑戦

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
問題用紙が配布される中、試験開始を待つ受験生=秋田市手形の秋田高
問題用紙が配布される中、試験開始を待つ受験生=秋田市手形の秋田高

 秋田県内公立高校入試の前期選抜が28日、全日制45校(分校、地域校含む)と定時制4校で始まった。約1350人が試験に挑んでいる。合格発表は2月5日。

 秋田市手形の秋田高では28人の募集に対し、54人が受験。受験生は緊張した様子で試験開始を待ち、開始の合図と同時に一斉にペンを走らせていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 323 文字 / 残り 178 文字)

秋田の最新ニュース